看護部トップ

看護部トップ

看護部の紹介
《急性期から在宅まで、地域の人たちの健康をサポートします》



看護部の紹介

     ・理念と方針
     ・看護部長のあいさつ
     ・教育・研修体制
           教育目的 教育目標
           H27年度年間教育スケジュール
           研修風景 
     ・看護体制と看護方式
     ・部署紹介(ベッド数 診療科 患者特性 看護方式 看護の強み)
           2階病棟 3階病棟 4階病棟 外来 手術室 透析室 健康管理センター
     ・ある看護師のワーク・ライフバランス
     ・看護部の活動
     ・先輩ナースからメッセージ
           入職4年目   スペシャリスト 
     ・福利厚生
     ・採用情報・お問い合わせ

理念と方針

理念と方針

【看護理念】

    『やさしく』 『暖かく』 『前向きに』

【基本方針】

     1.患者様が満足できる環境と看護サービスを展開する
     2.専門職としての看護の質を高めるため自己啓発に努める
     3.温かい心の通う看護ができる豊かな感性を培う
     4.地域住民のニーズに応える医療・福祉・保険を総合的にとらえ、地域医療に貢献する
     5.医療チームとの情報交換を密にし、良いチームワークを図り、業務を円滑にする

看護部長のあいさつ

看護部長のあいさつ

 磯子中央病院 看護理念は「やさしく」、「暖かく」、「前向きに」です。
どんなに医療・技術が進歩・向上しても根底にある看護の心は変わりありません。
 年齢やブランクを気にされている方も臆する事なく、皆で支えあって一緒の仕事をしていきましょう。
 仲間も自分も、そして職場も目指す方向を共有し、その方向に向かって行動してみませんか?
お待ちしておりま-す。

看護部長

教育・研修体制

教育・研修体制

  ベテラン看護師も卒後経験の少ない看護師も、看護実践を通して学習する機会を持ち、互いの関係性の中で看護実践能力を培い、成長し続けています。個々人のもっているそれぞれの目標達成のために、院内外の研修計画を設け、成長のラダーをステップアップできるようにキャリア支援をしています。


≪教育目的≫
   状況に適した優しさと温かさのある、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。


≪教育目標≫
    看護師一人一人がいきいきと笑顔で、命の尊厳ができる看護サービス提供できる。
    地域のニーズに対応できる医療チームの一員としての実践力を発揮できる。
    専門職業人として常に自己研鑚し、自律した看護師を育成する。

院内研修会(リーダーシップⅠ)院内研修会(リーダーシップⅠ)院内研修(陣田泰子講師)『経験からの学び-プロフェッショナルの仕事のスタイル』院内研修(陣田泰子講師)『経験からの学び-プロフェッショナルの仕事のスタイル』看護補助者研修(喀痰吸引研修)の講師養成法人ひかりグループ看護師合同研修多職種医療チームによる月1回の教育委員会多職種医療チームによる月1回の教育委員会


項 目

対象者

時期

目  的


経年別プログラム

中途採用者≫

採用時オリエンテーション

フォローアップ研修

新入職者

4


6

・磯子中央病院の概要を知る。

・組織人・医療職業人としての心構えや態度を学ぶ。

・看護業務に必要な基本的知識・技術・態度を学ぶ。

・入職後の自分を振り返り、チーム活動におけるスキルを理解し、職場適応を図る。

リーダーシップⅠ


卒後23年目、

それに準ずる者

7

・チームの一員としてのメンバーの役割が理解できる。

・自己を振り返り、コミュニケーションスキルを習得する。

リーダーシップⅡ


卒後5年目以上、

それに準ずる者

10

・チームの中のメンバー、リーダーの役割が理解でき、リーダーシップを発揮するための具体的方法や行動を学ぶ。


役割別プログラム

主任研修

主任

年1回

・看護実践においてリーダーとしての姿勢と問題解決のプロセスを学び、主任としての役割遂行に繋げる。

管理研修


師長

年1回

・社会の変化に対応しながら看護管理者としての役割を遂行するために、必要な知識・技術・態度を学ぶ。

昇格者研修


新主任

新師長

適宜

・看護を提供するための組織機能を理解し、新しい役割を自覚できる。

・担当の看護単位の問題解決能力を養い、自己の役割が自覚できる。

看護補助者研修


看護補助者

5

・病院の組織を理解し、看護チームの一員として重要な役割を分担し、看護補助業務を遂行するために必要な知識・技術が理解できる。



全員

トピックス

全員


3

・医療チームの専門職者としての看護実践力を高めることができる。

・自己啓発の動機づけができる。

法令関連

医療安全対策

院内感染防止対策

医薬品の安全使用

医療機器の安全使用

全員


2

2

2

1

・関連の委員会が主催する。

・専門職者に必要な医療安全・感染予防に関する知識・技術・態度を習得する。


部署

部署研修


各部署

適宜

・部署の特徴を踏まえ、部署の看護実践力を高める。部署以外の職員の参加も呼び掛ける。

全員

グループ4病院合同研修


4病院職員

未定

・良質な医療・福祉を提供するために、お互いに学びあいながら専門職としての連携を図る。


看護体制と看護方式

看護体制と看護方式

看護方式


チームナーシング+機能別

基準看護


2階病棟 4階病棟


入院基本料  10:1

看護補助加算 251

3階病棟


入院基本料  15:1

看護補助加算 251

勤務体制

2階病棟内科 外科 脳外科 眼科)  

           一般病棟     38

HCU       6

包括ケア病床  16

変則二交代 

夜勤:看護師3人 看護助手2

3階病棟(整形外科 脳外科

     回復期リハ病棟  60

変則二交代 

夜勤:看護師2人 看護助手2

4階病棟(整形外科 眼科

     一般病棟   60

変則二交代

夜勤:看護師2人 看護助手2

外来・放射線科・内視鏡

夜勤:救急夜勤1.5


手術室    3

オンコール体制

透析室    8

土・祝日出勤

健康管理センター



【勤務時間】
    日勤(8:30~17:00)  夜勤(16:30~9:00)  遅勤(12:30~21:00)

部署紹介

部署紹介(ベッド数・診療科・患者特性・看護方式・看護の強み)


2階病棟は60床の病床数があり、外科・脳外科・循環器内科・眼科などの急性期混合病棟です。
手術や検査などが多く、慌ただしい日もありますが、包括ケア病床もあるため、在宅に向けたケアにも力を入れています。
特徴としては、医療安全係・勉強会係・プリセプター係など7つの係があり、全員の看護師がいずれかの係に所属しています。係に所属することで、意見や考えをお互いに言いやすい環境ができています。また、各自が得意とする分野や他施設で経験してきたことを活かしながら、業務の改善やスタッフの知識・技術の向上、質にこだわったケアの提供に努めています。
また、途中入職の人にも教育・相談を担当する先輩がおり、それぞれの経験に合わせた教育計画・到達目標をたてていくため、経験のない診療科であっても、ブランクのある方であってもとても働きやすい職場となっています。
師長  高橋 みゆき


私たちの勤務している3階病棟は、回復期リハビリ病棟です。
患者様は日曜や祝日も休むことなく、毎日リハビリを行っています。
私たち看護師も、患者様が在宅へ退院できることを目標にし、リハビリ科のPT・OT・STさん、看護助手と共に患者様のADL UPのために日々努力しています。
主に、当院の急性期病棟から転入してくる患者さんが多いのですが、他院から転院されてくる患者様もいます。最初は歩けずに車椅子だった患者様が、徐々に介助具がとれて、最終的にはひとりでも歩けるようになり、退院されていくことは、私たちの最大のやりがいであり、回復期リハビリ病棟の魅力だと思います。こんな病棟で私たちと一緒に働いてみませんか?
まずは、お気軽に見学にいらして下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。
師長  高野 秀幸


4階病棟は整形外科を中心に、脳外科、眼科の混合病棟です。整形外科は主として、骨折、膝関節症、腰部脊柱管狭窄症、頚部神経根症などの手術が、月曜日から金曜日まで毎日4~5件行われています。
突然の発症で入院に戸惑う患者様や、疼痛に苦しむ患者様をできるだけ安心して手術が受けられるように、また、術後は早期離床・早期退院をモットーに努めています。忙しい中にもチームで患者様情報の共有をして継続したケアが提供できるように、ケースカンファレンスは欠かさないようにしています。
スタッフは20才代~60歳代まで年齢の幅は広いですが、歳の差を感じさせないくらいチームワーク抜群です。
師長 平田 美和


外来は『病院の玄関』と言われています。私たちは外来が『病院の顔』であるということを意識し、日々業務に取り組んでいます。
 当院に地域住民の方が気軽に、受診や健康相談に来られるようなアットホームな空間を目指しています。また、近隣のクリニック、医療・介護施設と連携をとり、救急対応にも積極的に取り組んでいます。
外来看護師は患者様のニーズに応えられるために、適切な判断、臨機応変な対応、他部門との連携など幅広い能力が求められています。私たちは患者様一人ひとりが、自宅で安心して療養生活が送れるように努めています。
現在、看護助手も含め、外来スタッフは総数30名であり、20~60才代まで幅広い層の仲間がいます。時には仲間通しで子育て相談から孫の話まで飛び交うような、ワーク・ライフバランスのとれた笑顔が絶えない職場です。
仕事を探している方、ぜひ私たちと一緒に働きませんか?
主任  藤田 朋美


手術室では整形外科、外科、眼科等の手術を、約1600症例/年行っています。スタッフは子育て世代が多く、皆で助け合いながら仕事と育児に励んでいます。
麻酔医、医師、看護師、MEの医療スタッフチームで行いますが、その中心は患者さんです。患者さんは病気そのものの不安に加え、麻酔や手術に対する不安もあります。手術室看護師は術前訪問を行い、手術室の中はどうなっているか?痛みはないか?寒くはないか?等の質問にお答えして、不安の軽減に努めています。また、手術室ではBGMを流すなど、リラックスできる環境つくりに配慮しています。私たちは帽子とマスクで顔はほとんど見えませんが、笑顔で患者さんに対応し、手術室の雰囲気が明るくなるよう心がけています。
  患者さんの一番身近にいる看護師は、専門的な知識と技術をもって手術が安全に行われること、患者さんが安心して手術に臨むことができるようにスタッフ一丸となって頑張っています。
主任  奥津 陽子


当院の透析室は8床を有し、月~土曜日まで2クール、入院・外来とおして患者様を一日20名前後の血液透析を行っています。スタッフは医師2名(非常勤医師1名を含む)、臨床工学技士2名、看護師3名で構成しています。
透析をうけられる患者様がスムーズに治療が受けられるように、チーム全体で情報を共有しながら業務を行っています。透析治療は患者様と付き合いが長く、関わりも深くなるため、“患者様がホッとする”“安心できる”治療の場を提供できるように心がけています。
上野 敏子看護師

当センターでは特定健診(国保・社保)、生活習慣病予防健診(協会健保、横浜市後期高齢者健康診査)、横浜市がん検診、一般法定健診などを取り扱っています。
 健康寿命を延ばすために、何よりも大切なのは日々の健康管理です。健康診断を受ける事は、病気の早期発見や予防につながります。
 あなたご自身のために、そして大切な人のために定期的な健康診断や人間ドックを受けられてはいかがでしょうか?あなたの健康管理に役立てて下さい。スタッフ一同お待ちしています。
阿部 真智子保健師

ライフスタイルケース

ある看護師のワーク・ライフバランス

現在作成中です。

看護部の活動

看護部の活動

現在作成中です。

メッセージ

先輩ナースからメッセージ

現在作成中です。

福利厚生

福利厚生

現在作成中です。

採用情報・問い合わせ

採用情報・問い合わせ

こちらから